プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー響鬼29話感想

~人生山あり、谷あり。何も悪いことをしてなくても、災難に遭うことはある。~
ヒビキさんは、明日夢に「転んでもいじけず、強く生きて欲しい」と励まします。だから心を鍛えることは大切だと。
「鍛える」というと、どうも殴られても平気な屈強な体に鍛えるという風に聞こえますが、精神面のことのようです。
そういやヒビキさんも、少年時代に同級生のけんかを止められなかった無力感から、自分を鍛え始めたんでしたっけね。
明日夢にはヒビキさんの言葉が、まるで水のように空気のように自然に自分の中に入っていくようです。10代になると子供は親だけでなく、人生の師との出会いで影響を受け、成長して行くんですね~(^^)

一見気丈な明日夢ママさんもきっと今度のことで参ってると思うんです。でも、たちばなの人達はそんなママさんの気持ちのクッションになってあげているようです。
世間を恨んで境遇をひがんでもしょうがないよね。子供のためにも、明るく強く生きるしかないですよね。
母ひとり子ひとり社会から孤立して生きてるわけでない、支えあって、辛い時は相談して周囲に助けてもらうのも強さだと思うんです。
こういう地域のコミュニティがあれば、もっと閉塞した若者や親子関係の心の闇を浄化できるのになあ~って、しみじみ思いました。
年代の違う人達が共存する社会の模範的関係を見せてくれる仮面ライダー響鬼は貴重なTVドラマだと思います。

良い話だなーって思いながらでも、どうもピンと来ないなって思った点もありました。というのは、

続きを読む »

スポンサーサイト

仮面ライダー響鬼28話「絶えぬ悪意」感想

明日夢君、万引き少年を目撃したことで逆恨みされ、暴行されたようです。身近にいるまじめな子が理不尽な暴力の被害者になってしまったら、本人はもとより、その子を大切に思っている家族や友人が本人の傷つきを見ることで、無力感に苛まれるものです。
ひとみちゃんやあきらちゃんも痛みを感じていて、そんな時、その心を受け止めてくれる大人の存在がいるって素晴らしいなっと思いました。何かこういう事件をきっかけに、自分の心の中を見つめ、それを周囲に話せるようなコミュニティを作りたいものですねえ。
明日夢を取り巻く人達は、皆温かいです。

ママさん、ちゃんと被害届出しましたか?学校には報告しましたか?こういう理不尽な被害に泣き寝入りしてはいけません。信頼される大人として、相手のためにも、毅然とした態度できちんと事件解決に挑みましょう。

明日夢とヒビキさんの逃避行に萌えv
しかしなんと言っても今週の見所は、童子と姫のオリジナルがいたー!!!!。
洋館にいる美しい男女、童子が男の声で、姫が女の声だったんで、あれ?聞き間違いかなって一瞬思ったほど。
へえ、こういうからくりがあったんですね。彼らは何者でしょうか?人間??
なるほど。「悪意」はここから生まれて、マカモウはかわいそうに利用されてるだけなのかな。。。。
敵の実像が見えてきたせいか、ぐっと面白くなって来ましたね。

仮面ライダー響鬼27話感想

○ヒビキさんと明日夢の関係
ヒビキさんが何故明日夢を弟子にしないかを考えてましたが、、なるほど、ヒビキさんなりに明日夢のことを弟子のつもりだと意識してはいたようです。
ただ、世間一般とはかけ離れた生き方になるので、慎重に選ばせたいというのと、今はまずどう生きるにせよ「鍛えておけば道は開ける」と言いたいようです。

○ツトム君の体験談
さばさばした今風の子ツトム君。女の子にもてそうですね(笑)
ツトム君は鬼を目指していたようですが、途中で進路変更を余儀なくされたんだそうです。親の反対だったとか。今はライフセイバーを目指してるようです。
しかし、となると鬼の存在はかなり世間の知るところになっていても不思議ないですね。
ツトム君の経験談、明日夢の心の染み入るものがあるようです。
ところで、緑さん、高校生の男の子同士で、しゃべってるのが何か不思議ですか?男と女が二人っきりでしゃべるよりは普通な感じしますが(笑)

○レトロな世界
その緩やかな日常にあって、危機感迫る対決が鮮烈です。
ザンキさんとイブキさんの金縛り状態、苦悶の表情が萌えでした。美しいわ~vvあの攻撃をヒビキさんなら余裕で跳ね返すのかしら?試しに攻めて見て欲しいような<童子君。
大正期スタイルの童子と姫もレトロな感じが怪しく美しい~vv

○弟子自慢
弟子を取ってるつもりというヒビキさん。「かわいい奴だなあ」って。うん、確かに明日夢君かわいい!!忘年会の3次会で余興に戸田山君に女装はあれだけど、明日夢君ならさぞかしめちゃくちゃかわいいことでしょう。え?なんか違う?
アナキンは美少年だから、さぞかしオビワンは自慢したことだろう(違!)

○並びでわかる人間関係
最後の花火を見る浴衣姿のヒビキさんと明日夢君のラブップリがもお最高!!
夏のサービスに感謝です。みどりさん蚊帳の外ですな(笑)
蚊帳の外というと、うわーん、硬派のザンキさんがヒナカちゃんとベタベタ??!!戸田山君、何気に追い出されてますな(--;。
あれれ?みんなが見てる視線の前に花火がなく、その背後で花火光ってる???これっておかしいと思う私が変ですか?
ヒビキさんが「たまやのいわれ」を言いかけて終わる引きがナイス!!

今週は、明日夢とツトム、明日夢とヒビキに「癒し」を感じ、ザンキとイブキに「美」を感じ、童子と姫に「怪」を感じた仮面ライダー響鬼。バトルにカタルシス、師弟愛に萌え(おい)があったのも好印象です。

仮面ライダー響鬼26話

※仮面ライダー響鬼26話「刻まれる日々」
明日夢はヒビキさんと、イブキさんはカスミさんと、ヒナカちゃんはトドロキさんと、みんな思い人の側にいる感じが、ほっとさせられます。このほんわかした感じが響鬼の心地良さv
トドロキさんとザンキさんの仲はヒナカちゃんの公認ですか@@;
緑さんはここのところ多忙のヒビキさんとデートできてなさそうですが、相変わらずぽわーんとしてます(^^;。
明日夢君はアキラちゃんと良いムードでたちばなでバイトしてますが、そこへ現れたツトム君・・・
なんか明日夢の良い刺激になりそうな、、ちょっとした波乱がありそうな・・・
さて、そんな緩やかな日常の中にあっても、妖怪は次々増殖してるようで。。。。
そうか、白いマカモウは夏の限定バージョンなのですね(笑)日本の夏は妖怪の夏!
今日の童子と姫は美男美女。ちょっとエロティックなムードに萌え~vv
都会の中を不気味に彷徨う童子と姫を必死に追うイブキさんにも萌え~vv
次週は「伝える絆」ですか。今度はヒビキさんはザンキさんとツーショットですね。ふふ、明日夢についてどんな話をしてくれるのか、楽しみですv

仮面ライダー響鬼25話 感想

○美女水着大会
カスミさんセクシー、ヒナカちゃん激ラブリィ、ひとみちゃん清純、美女は目にまぶしいわ~
それと明日夢ママのウェスト引き締まり具合にも参りましたぞ。今週の仮面ライダー響鬼。
あれ?一人足りない、、、、がーん@@肝心のアキラちゃんは、店番ですかー??

○ライバル出現
今風のティーンエイジャーイケメンツトム君登場。。うかうかしてられません。どうする?明日夢。このままではこいつとラブラブに?!ヒビキさんに、強力なライバル出現??(違!)
ツトム君の登場で、ラブコメになりそうですね。

○鬼VSカッパ
アキラちゃんの言う「喉」の被害って、、、、声が変わってしまう事だったんですね。
恐るべし!カッパ様@@;
カッパって愛嬌のある妖怪ってイメージでしたが、鬼と対等に戦うだけに、凶悪そうでしたね。
怖かったです。

○カスミに内緒で戦うヒビキも正しい
おやっさん、本当にそう思ってるんですか?ちょっと無理があると思ってませんか?(内心そう思ってそうな演技に見えたり<下條さん)
仕事の相棒の前で格好つけてる場合じゃないでしょう!見栄張っての秘密は良くないですよ~(笑)

ついにヒビキさんがバイク乗るってことは、今後一人で行動することが多くなるんでしょうかね。
カスミさん乗せて移動するなら、キカイダーみたいなサイドカーが良かったかもね。

仮面ライダー響鬼25話感想

気の向かない音撃棒を特訓されてるトドロキさん、馴れないせいで失敗してしまいます。また明日夢もブラバンの笛担当がまだ割り切れないようで。
でもかつて響鬼さんもトドロキやイブキの師から、音撃管や音撃弦を指導された経験があったと聞き、二人は目から鱗。遠回りと思えることでも、それが意味を持つことがあるとやっと思えたようです。
松尾雄治の「人はなぜ強くならなければいけないか」にあったポジションコンバート話を思い出しましたよ。
心も新たにトドロキさん、イブキさん、ヒビキさん3人で音撃棒を使いドロタボウに立ち向かいます。ついにヒビキさんは鍛えた力で、ついに紅モードに進化したのでした。
今週、能天気な童子君とドロタボウがユニークです。日本昔話風の音楽がいいですね(^^)
どうしてもこいつらが悪い奴らに見えないんだよなあ。妖怪が反乱を起こしてるってことはきっと人間が悪いんだよ。もぐら叩きしてるより、もっと根本的原因を考える時なのかもしれないですよ<おやっさん。
明日夢が初めて(だよね?)父親の話をしてたのが、胸にちくりと来ました。

おお!!次週、美少女達の水着姿が実現するんですね?これは絶対見逃せませんよ!!<全国のお父さんお兄さん達

仮面ライダー響鬼23話感想

※今週は、明日夢君トドロキさんの修練の話。
若者は、畑違いのことにもトライしましょう。一流のスペシャリストを目指すなら、まずはゼネラリストになりましょう。ってことらしい。
老人とヒビキさんの会話にはいっていけないトドロキさん、食べてばっかりいますが、「それではダメだ」とヒビキさん。食べることを悪いと言ってるわけでなく、違う世代との交流を心がけなさいってことでしょう。
て感じの、説教くささが中学生日記みたいで好きだったりします。
明日夢君の吹奏楽の部長も良い感じです。
でも、あまりヒビキさんが先輩風吹かすから、トドロキさんストレスで、水に顔つっこんでしまったではないですか。う、かわいそう、、、まじめなんだから、いぢめないで~
一方、マカモウ。白い親玉もいるんですね。
妙に白の童子と姫が陽気なのが萌え~。
でも人の良さそうなおじいさんを殺すとは、こいつら酷いと思いました(笑)。
今週、ザンキさんとアキラちゃんが出番なかったのが残念;;、あ、イブキさんも(ついでかよ!)

仮面ライダー響鬼21話、22話感想

仮面ライダー響鬼21話感想
背後から「ニャ」と言ってフードを明日夢君の頭にかぶせるヒビキさん。
団鬼さんこと伊藤さん(華麗なアクション見せてくれるスーツアクターさんv)からの電話で、ふざけるヒビキさん。
テンション高いぞヒビキさん。どうしたんだい?って感じで久々に明日夢君とデートが良い感じ。
それなのに明日夢君、知らないお姉さんのボインに目が行くとは・・・・・
一方、苦戦する若者達。イブキさんは嬬恋で、トドロキさんは軽井沢で死闘中。
緩やかな日常と緊迫した非日常が混在してる感じが何ともいえない。
ヒビキさん、途中でモッチーと合流しお茶のお師匠さんのところを訪ねますが、お師匠さん腹痛の発作でしょうか。
救急車を呼ばないの~?こんな時も乗り物使わず足で走るヒビキさん、さすが強いです。
トドロキさんとヒビキさんが合流、変身姿は麗しく共闘します。

※仮面ライダー響鬼22話感想
あきらちゃんが負傷?あらら~(萌)、そこであきらちゃんを抱き上げるトドロキさん、ずるーい、良い役所だーーー!
一方、苦しむおばあちゃんを残された高校生二人も必死です。こういう時、何ができる人間でありたいですね。
人助けができる喜びをちょっとかみしめる明日夢君。それを見抜くモッチーなのでした。
さて、あの童子と姫の上司は、一体何をもくろんでるのでしょう?不気味ですなあ。
敵が合体したんで、イブキさんとトドロキさんも合体するのかーー??!!!ってものすごく期待したのに、あああ、ヒビキさんと3Pかい!?(殴蹴)
3人そろってのバトル、とってもかっこいいです。
でもこうしてだんだん敵妖怪が強くなっていくかと思うと、パワーゲームですね、、、人間社会のひずみが根源なのでしょうか。

仮面ライダー響鬼20話「清める音」感想

ザンキさん、トドロキさんのコンビが復活するんですね。
ザンキさん、かっこいいvvvvv
そして一生懸命に自分流を模索する新人鬼のトドロキ君もいい感じ。
清めの音を最後にかき鳴らすのは、周囲の邪気をもう一度清めたい気持ちからだというトドロキさんに必死さが伺われます。ザンキさんはそのやり方を決して否定せず、トドロキの新しい感性を尊重します。けれど、カスミにも指摘されたように、トドロキが一人ぎりぎりのところで無理をしていることに気づき、ザンキさんはトドロキのサポーターを続けることを決意したのでした。
ザンキさんに心底惚れているトドロキさんは、大感激で、その喜びをギターにこめて熱いサウンドが海岸に轟くのでした(^^)。
だいたい、鬼って危険な仕事だから一人で現場行くってのは不合理な感じがします、負傷した時のためにも、誰か助手がいないと、、、連絡つかなくなったら大変だもんね。
言葉なくとも、明日夢君とザンキさんの視線が語り合う感じも良いのでした。
見ててじわじわ面白くなるTVドラマって、良いですね。
今週、マジレンのCGも凄かったですが、響鬼のアクションもやけに気合いがはいってまして圧倒されました。轟鬼のギターと響鬼の赤いライトセーバーの豪快な共闘、ザンキさんの援護で燃えました!!
もう今週は、派手なアクションに、男の同士の硬派な世界、ザンキさんトドロキさんコンビが復活したことに大満足vハナマルですvv。
マカモウ君達も一生懸命、強化してるようです。
ただ一つ寂しいのは、アキラちゃんが出なかった(しくしく)(イブキさんを忘れてないか?→自分)

仮面ライダー響鬼17之巻「かき鳴らす戦士」感想ネタバレ注意!

○はりきる鬼
轟鬼さんの張り切る姿をじーっと見入るザンキさんとおやっさん。どうも不満げです。期待してたトドロキさんの活躍なのに、どうも腑に落ちないって顔。
もう期待してもダメっすよ。自分、2度とあんな恥ずかしい姿にはなりませんからby轟鬼
(ああん、そういわずもう一回だけ!!←殴蹴)
勝利のテンションをそのまま表現したようなあの歓喜の轟きギターは、何の意味があるのでしょう?
そのハイテンションな姿に何か不安を感じるおやっさんとザンキさん。まじめ過ぎるために、オーバーワークになってしまうことを懸念しているのかもしれません。
また、トドロキのディスクアニマルの破損が酷いことを気にしたみどりが、それをカスミに伝え、カスミははヒビキにそれを伝えます。ヒビキさんも気にかけ、新人の陣中見舞いをしようと考えているようです。
若い新人を、みんなが気にかけてる感じが人情味あって良いですね~。周囲との良好な関わりがあって初めて、本来の自分らしい自分を保てるものです。ちょっと新人が走り過ぎたら、「頑張ってるな。でも何事もマイペースだよ!」って言ってくれる仕事仲間がいる、そんな職場は健全です。

○はりきる母
明日夢のバイトを、まるで丁稚奉公先が決まったみたいに喜ぶ母。その思惑の裏には、何があるんですかい?!
明日夢と母の朝食シーン、BGMと静の間合いと昭和親父ギャグの寒さが絶妙でした(笑)。
トドロキさん来訪にはりきるヒナカも良い味出してます。

○基本的に鍛えてる鬼
ヒビキさん、今からモトクロスの練習ですか?人生いつでも挑戦ですよね(^^)
明日夢との出会いは「運命」とカスミに言われ、不服そうに子犬を抱くヒビキさん。変に外堀が埋められていくのがいやなのでしょうか(笑)
あああ、あの子犬になりたいわ~ズビズバー(by明日夢母)

○吉野の予測
は、・・・・だろうね。
って、なんですかーーーー!!それ!気になるぅ!!!!
今日のあきらちゃんも可憐ですvvvvv

今週、会話に挿入された音楽の妙味がとっても新鮮。楽しめました。また新人トドロキさんの一生懸命さがとってもすがすがしいです。湯治から帰ってきたザンキさんも渋いです。
目に新しく、耳に刺激的、胸に温かい、平成ライダー響鬼。ヒーローの日常は面白い(^^)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

仮面ライダー響鬼18之巻「挫けぬ疾風」感想

○走るあきら
都内を公共交通機関を使って必死で走るあきら。東京の土地勘ない私には具体的な地理関係がイメージできないんですが、気のせいか、「ディアボロモンの逆襲」の東京湾に結集する子ども達を想起させられて面白かったです(笑)。
挫けぬ鬼、デートする鬼より、走るあきら、襲われるあきら、失神するあきら、介抱されるあきらにくらっとくる私はすっかり親父(^^;
いえ、あきらの胸元もまぶしいけれど、もっちーのチアスコートも負けてません。太股がまぶしいわ~v
以下CMナレーション風、声はヒナカちゃんで
~茶の間の親父と孤独なオタク兄さんに、明日の活力をくれる仮面ライダー響鬼は、閉塞した平成ニッポンを明るくします。~

○デートする鬼
先週かなり辛口でしたが、今週はイブキを見送るカスミさんに切ない情感があって良かったです。カスミさんは、普段優柔不断なイブキ君とは違った、冷静で勇敢な仕事ぶりに、頼れる男として見直したようですね。
確かにやたら、今週のイブキはかっこよかった。一人戦場に赴く悲壮感を、音楽が盛り上げてました。イブキの水中音撃も、なかなか変わった戦い方で、視覚と聴覚を同時に楽しませてくれます。
一方、ヒビキさん×みどりさんの熟年ペア。
こっちはギャグで売り込む鬼ですか(笑)。イブキとカスミのことを言ってるようで、暗に自分に対するみどりの評価アップを期待するヒビキさん。相手の気持ちを推し量る手口としては巧妙ですが、みどりさんにうまくかわされたようですな。まあ、どう見ても盤石ですな。こりゃ。
明日夢ママが入り込む隙はなさそうです(^^;。
最終回、ヒビキみどり、イブキカスミ、トドロキヒナカの3CP挙式で終わったら、伝説になりそう。<仮面ライダー響鬼。

○バイトする少年
~自分のやりたいことやれること、やればいいんだよ。すこしずつさ。それが強さになるんだよ。きっと~
そんな感じで挿入されたオロナミンCの宣伝に、励まされてる明日夢君。
将を射んとすれば、まず馬を射よ、と、たちばなでバイトを始めたのね?<明日夢君。
いえ、成り行きだったんですが、電話をくれたヒビキさんに自慢げに自分の貢献度を誇示する明日夢の動きが笑えました。
先週今週はあんなに気になってたヒビキさん熱が落ち着いたようですが、今後、どういう関係になっていくのか、、、、、やっぱり笑顔で帰りを待ってる恋女房じゃん!朋子さんの読みは鋭いかも(核爆)

○集結する仲間
見事、都会に出没する胃袋を倒した鬼達は、留守の店を切り盛りし終えた明日夢とヒナカの待つたちばなへと集います。一人猛士の事情を知らないひとみも自然に輪に入って、全員集合ってわけだ。(轟鬼さん達がいないけど)
心ある場所に心ある人たちが集う結びに、不思議と心満たされます。このアットホームな感じが良いですね。
私も「たちばな」で、明日夢君の煎れたお茶をすすってても何の違和感もなさそう。かわいい小僧さんに、「はいおかわり」を申しつけたいです。

危険な場所で遊んでた子どもを納得するような言い方で注意するイブキ君。
道に倒れたアキラを心配する通行人のおばさん。
何気ないんだけど、こういう描写があることがなんでか新鮮です。
今までのライダーはバトルでメインキャラが倒れようが死のうが、若者と会社員に限定されたエキストラ達は無関係って感じが多かったように感じます。まるで記号化されたように、死傷者に無関心な若者ばかりの都会で、それがあたかもリアルな世界のように描かれてたように思います。
けれど、日本の人口比からして、実は100人エキストラのかなりが高齢者なはず。街にもよるでしょうが、それにしても全く高齢者をトリミングしたかのようにカメラの眼中にないのは、世代間の交流と縁遠い自分の年代としか価値観を共有できない排他的な視界、狭隘さを感じさせます。
本当はそういう切り取られた映像から除外された枠があって、社会は成立してるはずなんです。
ずばり言ってしまえば、たびたび皺だらけの高齢者が登場するのは映像的に美しくはないんだけれど、それを切り離さず作り物の美的世界にしてしまわない映像は、そこに息づく人々の体温を感じさせてくれます。
そんなところに、作り手の良心を感じる響鬼なのでした(^^)。

ところで、あきらちゃん、あの暗黒魔法使いみたいな奴に何をされたんでしょう?あれは、何かの伏線??気になります。個人的にはネクサスのリコやテイマーズのジュリみたいには、なって欲しくないけど、、、それが本当の「萌え」というものなのだろうか・・・。

仮面ライダー響鬼17之巻感想

戦士の休日は私の萌え休日(おい)。しかし、童子と姫には休みもなければデートする余裕も許されない。都会出張を命じられ、今日も使命に頑張る童子君と姫ちゃん偉いです(笑)。
あんなのが人混み歩いてたら、通報されちゃいそうな怪しい感じで、しかも毎週毎週変化をつけて見せてくれる童子と姫ちゃん、ナイとメアほど人生を楽しめず黙々とマカモウのために餌を捜す姿はご苦労様なのでした。

先週の盛り上がりに比して、今週特に見所なかったかなあ。。。今週のマカモウの、ネクサスに出そうな気色悪さが気になったのと、人物に感情移入するところを見つけられなかったんです。だって、ヒビキさんも明日夢も、お互いを忘れてるみたいで、つまんなーい(←結局それかい!)
私、男同士の熱い友情が大好きですが、男女のラブストーリーもすごく好きな部類です。が、そこに恋の切なさやうっとりするような甘いロマンスがあるからであって、ときめきを感じない男女関係には、マンネリ夫婦生活や恋愛にすれたドライな男女を彷彿させられて、私的にはぱっとしないのでした。
だいたい日常においても、「恋」とは端から見ると滑稽なほどドラマチックなものなんです。人生においてそこだけ、映画のヒロインヒーローになったみたいに不自然でないと恋をしてるように見えないです(笑)。動物だって盛りがついてる時は、平常ではないので、生物は普段の自然体では恋愛に発展しないものなんです(笑)
できれば大人のヒビキさんにはよろめくような甘くて粋なささやきを(みどりさんちょっと幼い感じが気になるかなあ)、イブキ君とカスミさんには何らかの気持ちの高ぶりや切なさ見せてくれたら、くらっと来たかも知れないですが、、、イブキさん、せっかく服選んでもらったら、涼しい顔で「これ以外の」とは図々し過ぎ~本気で惚れてないか、初々しさが失せた熟年カップルの会話だよ~(笑)。恋する目じゃないな、イブキ君。カスミさんも色気はあるけど、イブキを男性として意識してるようでは全然ないですね。
なんて情感のないスレた男女関係なんざんしょ。つい、橘さんと小夜子さんを恋しく思ってしまう私なのでした(笑)
あと、前から気になってるんですが、たちばなの親父さん、おやっさんとしては良いけど、一人の父親としては、娘の立場からすればうざいんでないかな~。良き父とはまず娘の幸せを願うもので、そうそう娘の恋の相手にさぐりを入れるのはあんまり絵的美しくないような・・・・・姉妹がそういう父の支配と戦おうとして、道を誤る例も世間ではよくあるし。。。。石田ゆり子ひかりの父親みたいでなんだかなあ。。
娘の恋人が、鬼になるような今時珍しい立派な若者だし、、、父としては応援したいから、ああなのだとするなら、ま、わかるんですが、果たしてああいうさぐりが良い効果を生むかどうか微妙だなって思いました。娘達の反感を買いそうです(笑)
アキラとひとみと明日夢の三角関係は、友達関係の延長にあり、どろどろしてなくて良かったですが、ひとみと明日夢、ひとみとアキラの間で、もうちょっとぶつかり合っても女の子の嫉妬はかわいいなって感じで面白かったかもしれないです。
ひとみちゃんは簡単に事態を納得してましたが、そこは「ノートなら盲腸で休んだ安達君より私のほうがちゃんととってるから、休んだ時のノートなんかは私に相談して」くらい言いそうなもんだなとか。
あと今時の高校は退学者を出したくないので、中学校より欠席にはうるさいはず。欠席がちの生徒がいきなり早退したら、異様に思われるのでは?単位が取れないと、進級できない高校はシビアです。。それにしても、あきらちゃんの制服姿も可憐だわ~んv
今週は萌え休みってことで辛口気味ですが、来週、明日夢君のバイト姿に期待しましょう。

ところで、劇場版はどうなるんでしょうね。
ブレイドのDC版がやけに天音と剣崎睦月の窃盗シーンが長くなってるんで残念でした。平成ライダー劇場版は毎度良い人も殺人や盗みをする(食うのにこまってるわけでないのに。増して睦月は裕福な家の子)って話にまたなりそうな感じがして、子どもと一緒に見に行くの、響鬼は大丈夫かな、、油断大敵って気がして来ましたわ(--;。
*****************************************

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。