プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法戦隊マジレンジャーも見てます。

マジレンジャー、いよいよ残り数話になってますが、楽しみに見ています。
ところが、今週、録画見る前に間違って消してしまいました(涙)
リアルタイムで見ていた2号と3号二人はしっかり見てて、話は聞きました。
ティターンとホウカが仲良しになったとか。なるほど、冥獣神と心を通わせることができるわけですね(^^)

お母さんを無事、うららちゃんと翼君が救出した話は見ました。
ああ、良かった良かった。
最初の頃お母さんを亡くして、落ち込んで動けなくなって勇気が足りない扱いされていた二人ですが、あの話が、お母さんを救い出すのに他の兄弟より勇気を出したこのお話につながってるんだなーと妙に関心しました~。

続きを読む »

スポンサーサイト

金色のガッシュベル!140話「決死!ウォンレイ 最後の鉄拳」感想

ファウードを復活させ、エリーやリィエンののろいを解き、その後仲間と力を合わせファウードを深海に沈めた。
しかし、、なんとファウードは泳げた!!!シンクロナイズスイミングもできるとは@@;
ファウードを操り攻撃目標を日本に定めるリオウ。
それを阻止するために、再びフォウードのコントロールルームを制御するため、フォウードの体内に決死の侵入をした。
体内では清麿の指示で、ガッシュ・ウォンレイ・リーヤ・ティオとそのパートナーと、アース・ウマゴン・カルディオ・キャンチョメ・モモンとそのパートナーのグループ、二手に分かれ各ポイントに行く手を遮る敵と対峙する。
まずガッシュ組に立ちふさがるのはロデュウとチータ。
ウォンレイはリイェンへの愛ゆえとはいえ、敵に荷担した負い目から、清麿達の盾になることを申し出る。清麿達はそのウォンレイの覚悟の義心を篤く感じ、二人を残し先を急ぐのであった。

ここまでが先週までのお話。ちゃんと毎週見てますよ~。
そして、今週。
ウォンレイはリィエンとの至高の愛を力に、邪悪な敵から世界を守る盾となった。
ウォンレイは、仲間と愛する人を守り抜いたのだ。魔界の王にはなれなくとも、試練を越えて愛と正義を「守る王」になるべく使命を果たし、魔界に帰還した。
結果愛し合う恋人同士を時空の壁が隔ててしまう。けれどそれとて二人の愛を遮るものではない。二人の心を隔てるもの何もないのだ。永遠に。
二人の愛に満ちた幸福な日々は彼らの記憶に生き続け、それぞれの人生において、絶望や孤独を退ける光となるのである。

よくやった!ウォンレイ!
魔界の子供とはとても思えないウォンレイ(おい)立派な紳士だったよ;
正直、ちょっと前までの敵に荷担するウォンレイを見るのは辛かったですが、最後はすがすがしい気持ちで見送ることができました。
ウォンレイが何も言葉を残さず消えたのに、残されたリィエンが愛に満たされている姿にちょっとうるうる。二人の幸福な思い出のシーンがすごく切なかったです。
けれど愛とは、目には見えないし手に触れることもできない、けれど確かにあるものなのですね。
感動をありがとう。ホント、ガッシュ、良い漫画ですね~(しみじみ)

と、感動の余韻を持って終わりたいところでしたが、浸る間も与えないようなカルディオとウマゴンの前に現れる敵。
ああああ、こう引くか・・・・
どうもオリジナル展開になってそうですね。物語は最高潮を迎えそうです。
ひょっとして、最終回が近いのでしょうか;
だとしたら寂しいですが、でも最後まで熱い気持ちが醒めることなく見届けたいと思えるアニメです。

続きを読む »

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。