プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法戦隊マジレンジャー最終回「魔法使いの帰還」(微妙に違うけど)感想

吸い取られても吸い取れても、決して枯れることのない勇気。
ンマは限りある物なら全て食い尽くすことができるのですが、いかなる絶望にあっても決して希望を見失わないという限りない人間の勇気に、ついに飽食の瞬間を迎えたようです。
ンマも己の中に流れ込んだ何かを感じて、消滅したのなら本当にハッピーエンドですね。
あ、でもダゴンはスフィンクスに粛清されたようです(笑)
どうもスフィンクスが倒されたあたりとかのインフェルシアの人間関係、見落としてたんで、バンキュリアが転向した理由がちょっとわからなかったですが、とにかく多くの援軍を得て、特に敵の中から志を共にする味方を得たことで、小さな力が結集し邪悪な野望を打ち砕くという物語の王道、予定調和のハッピーエンドで終わって良かったです。
最後は家族みんなそろって笑顔で迎えられたので大満足。
家族みんなでいられることの幸せを、苦しい時は手を取り合って試練に立ち向かう勇気をくれたマジレンジャー。
父を越える強さ、母を越える優しさを、というイケメンヒカル先生の言葉を聞いて、私も頑張ろうという気持ちになるのでした。マジマザーはたおやかで美しい、パパは強くてかっこいい。理想の父と母ですね~。
オチは魔法界と地上と瞑府、3つの世界が共存共栄するために、カイは親善大使になったとかで、末子の成長を喜ぶ両親兄弟師のデジモンアドベンチャーの太一もそんな感じでしたよね(笑)
前川淳さんらしいラストで、1年間応援してきて良かったと思いました。
ありがとうマジレンジャー!
あーあ。これで日曜朝の楽しみが一つ減るなあ。。。
マジレン、うちは毎週2号も3号も熱心に見てました。面白かったようです。
3号は美しいナイとメアが悪い人で終わらなかったのが、うれしそう。
2号はアフロ君が復活しなかったのが、ちょっと心残りのようです。
私が数話見逃した話があるのが心残り;;
後でレンタルで見ようと思います。

ところで、

続きを読む »

スポンサーサイト

金色のガッシュベル!144話「ぼくらは王様 キャンチョメモモン」感想

僕達は決して負けない!
気分はすっかり「ふたりはモモチョメ」
モモンとキャンチョメ、落ちこぼれ魔物だって、王様になりたいんだ!
キャンチョメが王ならお菓子の国、モモンが王なら・・・の国・・・@@;
強敵キースとこれは相打ちかと心配しましたが、そこへバリーが横入り。
キースとバリーのバトルになった隙に先へ進めたようです。

パピプリオの登場に、敵味方共に「いたなーこういうの」って反応にうけました。
バリーにテッドにパピプリオ。
やあやあ、にぎやかになって参りました。
面白かったです。
1号2号は、キースとモモンの腕で縄跳びを始めるベルーにおおうけでした。

魔法戦隊マジレンジャー48話感想

ここのところこうあって欲しいなあという期待通りに話が進んでいるので、とても満足して見てます。マジレンジャー。

先週、ヒカル先生のホウカちゃんへのプロポーズに思わず「おおおおお」と叫んでしまいました。やっと家族の元に戻ったのに、次女の結婚式を見るパパの心境はいかに。我が子が愛する人と結ばれる姿を見送る親の気持ちを思い、ついうるうる。家族っていいなあ~v
パパとママ、ヒカル先生とホウカちゃん。男女が愛し合うって素晴らしいことだな~v愛し合う二人から素敵な家族が築かれる。赤ちゃんを初めて胸に抱いた時のように、生命の神秘を感じさせられました。
マジレンジャーは幸福の本質に迫る作品なのでした。

今週はせっかく家族全員とヒカル先生がそろったというのに、マジトピアは全滅したという知らせに、ンマとの最終決戦に挑むパパ(ブレイジェル)とヒカル先生。
ダゴンに苦戦するマジレンジャーとマジマザー。
ブレイジェルとヒカル先生は倒されてしまったようですが、、、死んだのですか?新婚の二人はどうなるの?3度目の生還はあるの?<ブレイジェル
リンとスノウジェルはどうなったんでしょう?
時間ネタなので、ンマを倒せば時間が戻って無問題になりそうですが、にしてもどこまでこの悲劇が逆転するのか、デカレンジャーのように完全無欠のハッピーエンドになるのかどうか、心配です。

カイの勇気とは、父ができたことをするのでなく、父を越えることで示されるような気がします。

マジレンジャー最終回、お別れが切ないですが、とっても楽しみです。
1年間応援してきて良かったと思える作品です。

金色のガッシュベル!143話「命を燃やせ 戦人アリシエ」感想

不気味なザルチムと対決するアリシエとリーヤ。
卑劣なザルチムは、ファウードの力を得て更に奸計を張り巡らす。
間一髪、友情は援軍を呼び、テッド組が危機を救うのだった。
這々の体でザルチムは逃亡したが、ザルチムの目は正義の気配にばかり囚われ、邪悪な者の侵入を見落としていた。
いよいよゼオンがファウードの力を求めて登場。

という今週の話でしたが、一番泣けたのは、リィエンに笑顔を見せるウォンレイでした;
「良かった」
うん、とっても良かったです。こんな二人のシーンを見たいと思ってたんで(^^)。
そして、嬉しいあのキャラこのキャラ登場の怒濤のサービス(?!)
ダルタニアン教授、出たー!!!!感激。お久しぶり。
清麿パパが出たので、バリー登場の予感がしましたよ。
バリーの登場は、テッドがファウードの中に突入した時、背後から飛んで来た気砲で2号はバリーだ!と見抜いていました。
そのバリーは敵か敵の敵か、動向が気になりますな。

今まで登場したキャラ総出演で、ファウード編を盛り上げてます。いよいよ次週はキャンチョメとモモンが王になる?!
ってことは・・・まさか、、、;;

続きを読む »

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。