プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの鬼太郎 9話感想

先週までで、鬼太郎や人間を狙う者の正体が「ぬらりひょん」とその手下達とわかり、これは光と闇(善悪)に分かれた妖怪大戦争に話が進むかと思ったら・・・・
一転、今回の話は人助けバトルとは無縁の怪談に@@;

いやー、今週は本当に怖かったですね~(汗汗)。3号と二人で抱き合って見ました(笑)。
確か、原作にも地獄行き電車の話があったような気がして駅の名前とかは記憶の隅にありましたが、アニメでは時間軸の複雑な構成や、夢オチと思わせ安心させておいて、実はその一瞬の安心が更に続く現実の恐怖を煽るという、、、この手のホラーは好きです。
なかなか濃密な内容で、30分堪能しました。

そう、全ては因果応報。殺人を犯した者に安住の地はない、、、。
あなたの所作を妖怪は見ていますよ~。
正義の味方鬼太郎だって、いつも人間の味方ではないのですよ。地獄行き列車の車掌になって、悪い奴の行いを懲らしめることもあるんです。
だから人間、悪いことをしてはいけません。うんうん。
でも良く考えてみると、、その傲慢な悪人を改心させ、自らの罪と向き合わせたことを思えば、成仏できずにいた被害者共々、鬼太郎によって救われたとも言えるというオチもなかなか秀逸。
喪黒福造より鬼太郎は怖いし不気味だけど、実は彼は世の醜悪さを浄化してる存在ですなあ。。
いやー、殺伐としたニュースが多くモラルの低下著しい現代、こういう作品見たいなあって思ってたので、満足度100%でした。
それに、妖怪もお化けも神様もサンタも悪魔もドラキュラも、魔法使いも妖精も、いると信じられる子供が多い方が、心豊かな時代だと思えます。

まあ説教臭い堅い話はここまでにして、今後の猫娘のコスプレも楽しみですわv夏は是非ビキニでvv
砂かけ婆の水着姿も見たいような、別な意味で恐ろしくて見られないホラーのような・・・(バカ)
スポンサーサイト

Yes!プリキュア5 16話、17話感想

毎週朝食作りながら見てますが、先週今週とお兄さんナッツの出番が多かったので、ついにやにや見入ってしまいました。そして、今週ココとナッツが店番する花屋に群がるオバさんに自分を見いだしたのでした(笑)
ついでに17話のりんちゃんの惚れた青年がヨン様に似てるという3号の指摘ににんまり。ママも楽しいプリキュア5!

16話、こまちちゃんのお姉さんがワイルドモードのこまちちゃんにメタモルフォーゼって感じで、大きいお兄さん達もさぞかし喜んで見たことでしょう。
私はりんちゃんの声が竹内さんなので、純情乙女というより純情熱血少年みたいな感じが好きだったりして。
やっぱりりんちゃん、恋をしても少年のようで素敵だぜ(笑)

敵側の事情やバトルはついでのお決まりごとみたいで、5人もいるとキャラそれぞれの日常で十分新鮮で良いな~と思います。
主人公が一番凡庸なのも悪くないなあといつも思ってみてます。

ちなみにマスコット的にはナッツよりココの方がかわいいと思えます。
いや、最近飼い始めたうちの狸似ポメラニアンにそっくりなので(笑)

地球へ・・・3話、4話、5話感想

2,3話とも30分がえ?これで終わり?と思うほど短く感じられました。話の内容は薄いけれど、一瞬も目を離せないほど、ぐいぐいと集中して見入ってしまう、惹き付けられる映像の力があります。(最後までこの綺麗な映像が続くのなら、星矢12宮編並にすごいかも。)

4話はやっと話に動きがあったな~と思ったら、5話で、セキレイシロエと接触するとは@@シロエの親父ってああいう人だったのか・・・

なるほど、ピーターパンですか。確かにミュウと通じるものがありますね。
原作以上にミュウにも一般人にも登場人物に老若男女の層の厚みがあり、一見人間の科学者達に悪意がありそうに見えるのが、うまいミスリード。なのかどうか、興味持って見てます。
また気のせいかもしれないですが、ファーストガンダムの同時代頃の作品だけあって、今回のTVアニメには、原作にはなかったガンダム、イデオンあたりの人間描写や台詞回し、戦闘シーンあたりがうまく取り入れられているように感じました。責任管轄範囲内を異分子が脱してくれると安堵するという役人気質も富野作品っぽいなと内心にやり。
ミュウの描写もそうですが、ジョミーも竹宮キャラ的多感で繊細な少女漫画チックな金髪少年だけでない、リアルな人としての心身のたくましさを感じ、それは好感が持てるアレンジです。

セキレイシロエとこういうエピソードは、まああっても良いかなって感じで見てました。

ブルーの「全てが終わってみなければ、良かったか悪かったかわからない」というオチがなかなか意味深で良かったです(ニヤリ)。

30分話としての内容の薄さを補う、戦闘シーンのカッコ良さもあるし、今のところ、非常に期待以上に面白さと、胸に迫る切なさを感じ、私と1号にとっては今一番楽しみな作品になってます。

来週は、いよいよ宿敵キース・アニアンの登場ですか。
あれ?でもキースはジョミーよりだいぶ若かったような・・・(記憶違いかな)

YESプリキュア5 12~14話感想

はい、毎週朝食食べながらしっかり見てます。
毎回、それぞれのキャラの個性が光っていて面白いです。
でもナッツが全然お兄さんになってくれない;しくしく。
3号が、「ママ、来週もナッツはりすだからね~あきらめてね。」だって。;;
食堂のおばちゃんはひょっとして理事長なんですか@@;。

ゲゲゲの鬼太郎4話、5話、6話感想

4話の一反もめん、6話の妖怪横町砂かけばばあ。
鬼太郎の心強い仲間達の話は実に愉快でした。
一反もめんは九州男児だったのですね。ひょうひょうとした感じが良いですばい。こだわりはあるが、嫌いな乾燥機入ってぐるぐるになっても心通わせた少女を救う一反もめんの男気にほれぼれ~vvv
定番の八奈見乗児さんの変わらぬお声を聞けるのが、なんともうれしいです。
実は判宙太声が好きだったりしますけど(笑)

6話は、妖怪横町がユニークで、映画妖怪大戦争を思い出しました。(妖怪大戦争というと、DVDは声が出演者さんの滑舌が悪くて、声が聞き取りにくく、仮面ライダーブレイドみたいに字幕がないと初見の人にはつらいものがありそうでしたーー;ちょっと映画館で見た時より出だしが気持ち悪さを強く感じましたね。)
子供らが以前砂かけばばあが一番正義感あってしっかり者だと話してましたが、欲深い婆さんという一面もあるようで。そりゃそうだ。あの住人は、めぞん一刻の一刻館の住人並にタチが悪い(笑)。
それに私も婆の道に入りかけたいるので、若返りの砂を作る砂かけばばあの気持ちや、金にうるさい主婦感覚がよくわかる。
人間社会をあえて舞台にせず、妖怪が妖怪を襲う話も、妖怪の生活感が伝わってきて良いですね。
小豆洗いが出てましたけど、小豆がなくなったのは何でか見逃してしまいました。鬼太郎が使ったのかな?
あと、鬼太郎の仲間で話になりそうなのは猫娘くらいですが、果たして子泣きじじいがまともな役の話はあるのか?!

5話は、名声に取り憑かれた人気バイオリニストの話でした。どこかで見たような気がしたと思ったら、あの妖怪、かなり及川に取り憑いた、ベリアルヴァンデモンっぽい。懐かしいです。

続きを読む »

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。