プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの鬼太郎2話感想

先週から始まったゲゲゲの鬼太郎。デジモンセイバーズを楽しんでいた我が家ですが、続けて視聴してます。2号はデジモンやガッシュが良かったとぶつぶつ言ってますが、1号は原作も読んでて好きな作品だし(鬼太郎の誕生エピソードや親父が蛙の目玉スープを飲んでるとか結構詳しいですよ~今週もねずみ男が裸になると体がかびだらけで綺麗になるわけないとつっこんでました)、3号は怖い怖いといいつつ、喜んで観てて、パパからも懐かしいと好評です。
ちなみにデジモンセイバーズの感想はログハウスにあります。
一応あっちは日記と映画、SW、デジモン、ガンダム等過去作品感想や、TVドラマ、書籍感想で、こっちはリアルタイムのアニメ感想というブログの使い分けしてるつもりです。
ミクシィは馴れないので使い方がまだよくわからないです・・・。

さて、先週、ぬ~べ~で妖怪に襲われる回数の多かった子、02では伊織をやった浦和さんが出てて、気の弱い少年が最後に「今回のことは僕らのせいだ、僕らが責任をとらないといけない」と力説するあたりに妙に雰囲気出てました。
2話の今週観た感じでは、一見昭和の下町を彷彿させる原作に近いレトロな世界観で作ってるようでいて、捨てたPCからデータを拾って一儲けするという、、、人間社会は平成の現代を舞台にして、新しい鬼太郎伝説になりそうな予感で良い感触です。仲間や友情や正義も大事だけれど、そろそろ悠久を生きる妖怪と刹那的今を生きる現代人が混在し、古来より大切にされてる物を見直そうとするテーマは、今の子供達に不足がちの心の栄養のような気がするのです。
ちょっと怖いけどユーモアもあってドキドキハラハラのアクションで見せてきくれ、さりげなく生き方の教訓があって、でもあくまで妖怪は妖怪。気まぐれで、鬼太郎といえど人間の味方ってわけでもない。どこか突き放したようなクールな鬼太郎が良いですね。
この手の作品は、貝沢幸男氏、角銅博之氏の得意ジャンルっぽいので期待大です。
そうそう、今週のがしゃどくろ、うん、怖い。エレベーターに乗るのが怖くなりそうです。3号は怖がりましたが、でも2号は全然平気だと。
ええええ!!スカルサタモンが怖くて、「デーモン軍団の襲来」を見れなかったくせに!と1号にさんざんつっこみ入れられてました(笑)。
だもんで、どうぞ、手加減せず、どんどん怖い映像作って下さい。

実は私はあまり信仰心ないし、オカルトにもそこそこしか興味ないのですが、モラルの低下が著しい昨今にあって、人はあまりに「天知る、地知る、我知る」という、自己の行為を省みなさすぎる!!
最近、信心深さの薄れた家庭において、ご先祖様や神様がお前の行為を見てる!というより、妖怪が見てるぞ!と言った方が子供にはよっぽど教育効果があります。
だいたい世の中、功利的過ぎ、拝金主義過ぎ。ホリエもんしかり。姉歯しかり。
鬼太郎の話が出来た昭和の高度経済成長期にも懸念されていたこととはいえ、あの頃はまだ明治の老人達には息づいていたものがあったと思うのです。しかしトトロの世界のような田舎が消えていくと比例して、儲かることや勝負に勝つことが優先され、善良であること清貧であることの美徳が薄れていると感じます。
そう感じること自体、私が説教くさい婆さんになった証かもしれませんけどね、、、、

にしても次代を担う子供達にどういう形で規範を示したらいいか、だいたい大人がダメなので途方にくれてしまいます。
子供達は伝記も読まないし、伝記の美談も実は眉唾だったと覆すのが面白い時代だし・・・
学校の道徳教育も教師の威信が落ちたこの時代において難しいと思うのです。私立のミッションスクールだと、一応学園長や理事長より偉いイエス様がいるので、神に恥じることはできないというブレーキがかかるらしいですが、
そうでない私立だと、やっぱり経営者が神になってしまい、教育より経営が優先されがちなんだとか・・・。
もちろん信仰心などなくても、道徳的生き方ができるのが一番なのでしょうが、人間より怖いものがないとか、不審者がこの世で一番怖いようではいかんなとしみじみ思ってるので、このタイミングでの鬼太郎シリーズは大歓迎です。
(ただ、プリキュアはコワイナーで、電王が民話○○太郎になってるんで3連続話しがかぶってる感じはしますが)

話は飛びますが、太宰治の人間失格で、子供の頃、お寺で地獄絵を見た衝撃を後々まで主人公の心を苛むのですが、私も子供の頃、すごい地獄絵を見て心に残ってます。(ダンテの神曲なんかあまり怖いと思わない)印象として、悪いこと、自分に恥じることをしてはいけないということも感じましたが、この絵のあまりの怖さに芸術的衝撃を受けたってのもあります。ああいう魂の存在を問われるような衝撃を子供達にも味わわせたい気がするのです。

先日、なまはげを友達と見に行ったのですが、こういうのがもっとも身近に息づく空間がずいぶん減ったなあと思いました。私は遠野の近くで生まれ育ったので、いつもかっぱや座敷童子の話を聞かされて育ったのですが・・・
1号2号が幼い時、「なまはげさん怖い、早く寝る~(泣)」と言ってた頃が懐かしいです。で、2号が、「なまはげさんはどうやって、秋田から家に来るの?」と聞いたとき、主人と私は「高速道路を車で走ってくるんだ!」と答えましたが、その後、爺さんが「あのなあ、山を、なんぼも、ぼーんぼーんと越えてくるのよ」と言い聞かせてるのを聞いて、私たちの想像力の貧困さを思い知らされました。
私が子供の頃、息づいていた目に見えない何かにもう一度生命を吹き込ませ、今の子供達にも身近に感じさせてくれることを、番組に期待します。

以前、むしさんに 「精神世界」について、私の理解が表面的だと言われたことがあるんですが、
その辺、自分は心貧しい生活してるなあとなんとなく自覚はあるんです。
昔ながらのゆえんある場所にほこらを建てるのは、それが事実であろうがなかろうが、それを信じる人々にとっては真実であり、そういうものが信じられる方が、自分が生かされている存在だという感謝を持てるわけで、心豊かな生き方をできると言えるってのはその通りだと思います。
その辺最近遠藤周作(彼はクリスチャンですが)、エッセイでなるほどと思う文章があったので、そのうちログハウスで紹介しますね。

スポンサーサイト

コメント

テンペダイエットについて

テンペとはゆでた大豆をテンペ菌という白カビで発酵させたものです http://daysman.sabellsenterprises.com/

しつけナビ

しつけの検索サイト。子供、しつけ方、犬のしつけ、子犬、猫しつけなどしつけに関する各種情報をお届けしています。 http://lassie.santamonicatravelodge.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/102-31a86d21

レビュー・評価:ゲゲゲの鬼太郎/第2話 『ビビビ!! ねずみ男!』 

品質評価 17 / 萌え評価 44 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 17 / お色気評価 25 / 総合評価 19レビュー数 47 件 ゴミ箱をあさって食べ物を探していたねずみ男は、ゴミの中に、まだ動くノートパソコンを発見し、あるデータを見つけました。数日後、妖怪横丁にピ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。