プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの鬼太郎4話、5話、6話感想

4話の一反もめん、6話の妖怪横町砂かけばばあ。
鬼太郎の心強い仲間達の話は実に愉快でした。
一反もめんは九州男児だったのですね。ひょうひょうとした感じが良いですばい。こだわりはあるが、嫌いな乾燥機入ってぐるぐるになっても心通わせた少女を救う一反もめんの男気にほれぼれ~vvv
定番の八奈見乗児さんの変わらぬお声を聞けるのが、なんともうれしいです。
実は判宙太声が好きだったりしますけど(笑)

6話は、妖怪横町がユニークで、映画妖怪大戦争を思い出しました。(妖怪大戦争というと、DVDは声が出演者さんの滑舌が悪くて、声が聞き取りにくく、仮面ライダーブレイドみたいに字幕がないと初見の人にはつらいものがありそうでしたーー;ちょっと映画館で見た時より出だしが気持ち悪さを強く感じましたね。)
子供らが以前砂かけばばあが一番正義感あってしっかり者だと話してましたが、欲深い婆さんという一面もあるようで。そりゃそうだ。あの住人は、めぞん一刻の一刻館の住人並にタチが悪い(笑)。
それに私も婆の道に入りかけたいるので、若返りの砂を作る砂かけばばあの気持ちや、金にうるさい主婦感覚がよくわかる。
人間社会をあえて舞台にせず、妖怪が妖怪を襲う話も、妖怪の生活感が伝わってきて良いですね。
小豆洗いが出てましたけど、小豆がなくなったのは何でか見逃してしまいました。鬼太郎が使ったのかな?
あと、鬼太郎の仲間で話になりそうなのは猫娘くらいですが、果たして子泣きじじいがまともな役の話はあるのか?!

5話は、名声に取り憑かれた人気バイオリニストの話でした。どこかで見たような気がしたと思ったら、あの妖怪、かなり及川に取り憑いた、ベリアルヴァンデモンっぽい。懐かしいです。 デジモンアドベンチャー02。
1000年後に僕たちは笑いあえる未来のために~♪
そうか、しっかり妖怪時間ですね(笑)
ミレニアモンは1000年に一度しか現れない妖怪で、1000年に一度しか、遼と賢の世界は接触しないのかもしれないです。
スポンサーサイト

コメント

美容ダイエット・脱毛・矯正製品

美容ダイエット・脱毛・矯正製品を探すなら http://www.umaiumai.biz/100939/204245/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/106-24e2b9c7

レビュー・評価:ゲゲゲの鬼太郎/第6話 『大パニック!妖怪横丁』

品質評価 28 / 萌え評価 28 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 4 / お色気評価 52 / 総合評価 20レビュー数 21 件 人間の街の路地裏に妖怪たちの住む街、妖怪横丁があった。妖怪長屋では、大家の砂かけ婆が若返りの砂を調合していたが、失敗して爆発してしまう。

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。