プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・3話、4話、5話感想

2,3話とも30分がえ?これで終わり?と思うほど短く感じられました。話の内容は薄いけれど、一瞬も目を離せないほど、ぐいぐいと集中して見入ってしまう、惹き付けられる映像の力があります。(最後までこの綺麗な映像が続くのなら、星矢12宮編並にすごいかも。)

4話はやっと話に動きがあったな~と思ったら、5話で、セキレイシロエと接触するとは@@シロエの親父ってああいう人だったのか・・・

なるほど、ピーターパンですか。確かにミュウと通じるものがありますね。
原作以上にミュウにも一般人にも登場人物に老若男女の層の厚みがあり、一見人間の科学者達に悪意がありそうに見えるのが、うまいミスリード。なのかどうか、興味持って見てます。
また気のせいかもしれないですが、ファーストガンダムの同時代頃の作品だけあって、今回のTVアニメには、原作にはなかったガンダム、イデオンあたりの人間描写や台詞回し、戦闘シーンあたりがうまく取り入れられているように感じました。責任管轄範囲内を異分子が脱してくれると安堵するという役人気質も富野作品っぽいなと内心にやり。
ミュウの描写もそうですが、ジョミーも竹宮キャラ的多感で繊細な少女漫画チックな金髪少年だけでない、リアルな人としての心身のたくましさを感じ、それは好感が持てるアレンジです。

セキレイシロエとこういうエピソードは、まああっても良いかなって感じで見てました。

ブルーの「全てが終わってみなければ、良かったか悪かったかわからない」というオチがなかなか意味深で良かったです(ニヤリ)。

30分話としての内容の薄さを補う、戦闘シーンのカッコ良さもあるし、今のところ、非常に期待以上に面白さと、胸に迫る切なさを感じ、私と1号にとっては今一番楽しみな作品になってます。

来週は、いよいよ宿敵キース・アニアンの登場ですか。
あれ?でもキースはジョミーよりだいぶ若かったような・・・(記憶違いかな)
スポンサーサイト

コメント

ポイント式退職金で中高年の転職

ポイント制退職金とは、勤続年数や職能、職位、成果などを基準に一定のポイントを定めて一年毎に従業員にポイントを付与し、退職時には累積したポイントに1ポイントあたりの単価を乗じて退職給付金を算定・支払う仕組とした制度である http://panfuls.ellingtonrecords.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/108-f7650215

地球へ・・・ 第5話

[未だその強大な力をなかなかコントロールできないジョミーは、ミュウの中の認める者、認めたくない者との間で溝を作っていた。強い思念波をアタラクシアに飛ばしたジョミーは、そこでシロエという少年を知る。彼もまた強大

(アニメ感想) 地球へ・・・ 第5話 「死の跳躍」

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(5) 交響組曲 地球(テラ)へ・・・ソルジャーブルーの後継者として指名されたジョミー。しかし、強力な力を持つものの、他のミュー達の理解を得ることが出来ず苦しんでいた。そんな中、ジョミーは一人の少年と出会う・・・。

レビュー・評価:地球へ……/section05 : 死の跳躍

品質評価 13 / 萌え評価 27 / 燃え評価 23 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 24 / お色気評価 6 / 総合評価 16レビュー数 115 件 ミュウの母船の存在を知ったテラズナンバー5は、サイオン・トレーサーの開発を命じた。次々と惑星全域に投下されるサイオン・トレーサー。ミュ

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。