プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のガッシュベル!109話「北国決闘~ウマゴン氷結」感想ネタバレ注意!

いつもガッシュに守られてるイメージのウマゴン。
サンビームさんの北海道出張についてって、二人で北海道でっかいどーを満喫したはいいが、そこへウマゴンよく似た魔物が現れ、二人を襲う。
ウマゴンとそっくりの敵、おそらく魔物の潜在能力はほぼ互角。でも敵はパートナーの人間と4つ足の動物型魔物の間に、言葉が通じ合っているので多彩な技を効果的に作戦を練って繰り出してくる、、、しかし、ウマゴンとサンビームは言葉が通じない。
言葉が通じないウマゴンとサンビームが、言葉通じる敵に勝機はあるのか?

という感じの今週のガッシュベル。ウマゴンとサンビームの前に試練が立ちふさがります。それはおそらくウマゴンの更なる進化への布石でしょう。
ウマゴンは果たして強いのか?サンビームと出会った時期も遅く、彼はブルーカラー暇なしの労働者。常に戦いに向けて準備できる暮らしをしてるわけでないのです。ウマゴンものんきにガッシュの家で、矢面に立つガッシュの陰で、戦いから逃れて暮らしていたように思います。
1000年前の魔物が世界に危機をもたらした時、ガッシュ達との友情があってウマゴンは初めて、戦うことを決意しました。それでも、魔界の王様になる戦いを意識して、強くなろうとしていたわけではないように見えます。
その上、他の魔物はパートナーと共に24時間寝食を共にしているのに対し、ウマゴンとサンビームはごく最近暮らし始めたばかりです。(先週、清麿の家にウマゴンの小屋があったのは変だと思うby1号)
果たして、そんな二人がいざとなったら、ガッシュのように本気で戦えるんだろうか?ティオやキャンチョメのようにパートナーシップに支えられ、協力して自分たちを守ることができるんだろうか?
漠然とではあるがは何かしら、今までのウマゴンのサンビームはラッキーだったという認識が、言われればこっちにもあるいことに気付かされました。その漠然とした疑問に答えてるのが、今回の北海道単身出張バトル。
ガッシュ達から離れ、言葉によるコミュニケーションができないウマゴンとサンビームが、言葉が通じ合ってる敵とどう戦うのか、興味深いものがあります。
この戦いは、表面的に言葉は通じている者達でも、その言葉を発する者の心が澱んでいて他者への思いやりが欠けている限り、他者を思いやり心正しくあろうとする者達の上辺の言葉ではない、気持ちで通じ合っているコミュニケーションには、「信頼」の強さにおいて絶対勝てないのだということを描こうとしていると思われます。
何が強さなのか、心が通じ合うとはどういうことなのか、バトルを通してわかりやすく見せてくれるのが、金色のガッシュベル!。
さて、絶体絶命のウマゴンとサンビームですが、具体的にどうやってこの窮地を脱するのか、次週、見逃せません。

今週の演出は、ガッシュは久々の角銅博之氏でした。
さすが、原作の「間」をテンポ良くつなぐ、日常ネタが充実してます。
冒頭の二人の作戦会議も、実際のバトルで失敗する展開につながっているので、ごく自然で無駄がないですが、何より光ってたのは、北海道名物紹介のこだわり度がただ者ではない!!さすが、アジアのグルメ通!この方、半端じゃないです。
角銅氏のHP錆びた館の玄関ホールは、グルメネタの豊富さで、私の知る限り、5年間毎日画像更新という偉業ぶり。雨の日も風邪の日も、香港旅行中も九州帰省中も、仕事の締め切りに泡食ってる日も休日家族サービスしてる日も、休むことなしですよ。これはすごいことです!!
燃え尽きることなくコンスタンスに、安定してエネルギーを持続される方だなと、意欲がまるで無尽蔵に見えるのは、その制御に秀でているのでしょう。さすが、ホメオスタシス、恒常性そのものの安定様!時にデジエンテレケイヤとも称されるが(←されない!)、改めて監督様への畏敬の念に打ち震えた今週のガッシュベルでした。
現在はトランスフォーマーの監督さんをされていらっしゃるのでそちらがメインでしょうが、デジモンゼヴォリューションのシリアスさから、「00F黄金のチチ」のえぐいギャグまで、守備範囲広い角銅氏が、またまたTVのガッシュでもなんかやってくれそうで、とっても楽しみです(^^)

ちなみに5月28日の玄関ホールの予告で、「サンビームさんが好きな絵はキリコ」というネタがわかる私は、案外「通」かもしれないとにやけました。
声優の郷田ほづみさんが、声優デビュー作がボトムズのキリコ・キュービィだったからでしょう。
私はコント「怪物ランド」で、ドラキュラに扮装してる時から知ってたりします。
最近の吹き替えではハリーポッターのルーピン先生が印象にあります。
私はルーピン先生が好きなので、郷田さんの吹き替えがうれしいのでした(^^)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/28-d5580888

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。