プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー響鬼29話感想

~人生山あり、谷あり。何も悪いことをしてなくても、災難に遭うことはある。~
ヒビキさんは、明日夢に「転んでもいじけず、強く生きて欲しい」と励まします。だから心を鍛えることは大切だと。
「鍛える」というと、どうも殴られても平気な屈強な体に鍛えるという風に聞こえますが、精神面のことのようです。
そういやヒビキさんも、少年時代に同級生のけんかを止められなかった無力感から、自分を鍛え始めたんでしたっけね。
明日夢にはヒビキさんの言葉が、まるで水のように空気のように自然に自分の中に入っていくようです。10代になると子供は親だけでなく、人生の師との出会いで影響を受け、成長して行くんですね~(^^)

一見気丈な明日夢ママさんもきっと今度のことで参ってると思うんです。でも、たちばなの人達はそんなママさんの気持ちのクッションになってあげているようです。
世間を恨んで境遇をひがんでもしょうがないよね。子供のためにも、明るく強く生きるしかないですよね。
母ひとり子ひとり社会から孤立して生きてるわけでない、支えあって、辛い時は相談して周囲に助けてもらうのも強さだと思うんです。
こういう地域のコミュニティがあれば、もっと閉塞した若者や親子関係の心の闇を浄化できるのになあ~って、しみじみ思いました。
年代の違う人達が共存する社会の模範的関係を見せてくれる仮面ライダー響鬼は貴重なTVドラマだと思います。

良い話だなーって思いながらでも、どうもピンと来ないなって思った点もありました。というのは、 大人は社会のルールを若者に教えないと、私的制裁はなくならないと思うのですよ。被害者加害者傍観者皆が、暴行も決闘さえも犯罪という意識を持たせないと。
心のどこかに人は殴られて一人前という発想を肯定したまま大人になった人は、いざという時その人自身が教育を理由に手が出ます。教育のためといいつつ、暴力を正当化するために「教育」を盾にする例が後を絶たないのでねえ。。。駒大苫小牧高の問題もあるし、、、
明日夢の場合、教育的理由などなく明らかに犯罪被害者で、日本は法治国家であり社会正義が存在することをその社会が築いた大人は若者に見せないとな~って、どうもあの万引き少年の顛末は、どこか暴力(犯罪行為)を容認するような描き方に思えて、すっきりしない気分も残ったのでした(^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/52-48835927

烏テングの次は白キツネ? これって・・・

今回はいいドラマでした。ほんと。それに尽きると思います。新しい鬼の登場で新鮮さもあり、適度に見せてくれるアクションもあり、謎が解明されつつもさらに深まり、そして何よりもメッセージがストレートで色濃く反映されていました。オールスターキャストなぶん個々の出...

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。