プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のガッシュベル!124話「愛と青春のハイキング」感想

心ここにあらず、魔界の建造物の脅威を前に清麿の頭は来るべき戦闘でいっぱいのようです。
恋する天然乙女の鈴芽は魔物の存在を全く知りませんが、遠くを見ている清麿に彼がまた再び日常から離れていく予感がするようです。
そして、それを止める術もないことを鈴芽なりにわかってるようです。
クラスメートみんなでピクニックを楽しんだ平和な一日の後、それを区切りに自分たちの見えない世界へと赴く清麿の気配を悟ったように、「無事帰還」の願いをこめたお守りを手渡すのです。それが彼女が夜なべしても形をなさない物体であっても、清麿は微笑んで受け取ってくれました。
何をやってもダメな鈴芽ですが、清麿を慕う気持ちの一途さだけは筋金入りですね。
清麿は戦闘仲間の恵さんが好きそうですが、日常にいて無事帰りを待つ愛すべき友の存在も彼にささやかな幸せをくれるようです。
この平和な日常の幸福と、これから始まる死闘の予感。そのせめぎ合いが、学園コメディの中に浮かび上がって来て、ギャグに笑いながらも切なさがこみ上げました。まさに愛と青春の旅立ち。
この美しくもすがすがしい日常に、再び清麿に戻って来て欲しいという鈴芽の願いは、私の願いでもあります。きっと帰って来てはくれるでしょうが、またたくさんの悲しい別れを見た後になるかと思うと辛いですね。
どうもウォンレィとリィエンの影が不吉です、、
OPの感じからどうも盟友ウォンレイはガッシュの敵になりそうです;

しかし、いつ見てもアニメのワイフは漫画をより強調したアニメならではのインパクトが際立ったキャラですね(笑)。

金山とウマゴンの交換に子供ら大うけ。
金山はあのウマゴンのたて髪ヘアスタイルも似合いますな(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/62-c83c43cd

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。