プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のガッシュベル!130話「逆転への連鎖」感想

キース・ブザライVSガッシュ・キャンチョメの迫力のバトル、いよいよ決着の時です。
キャンチョメ分身軍団は強い!一糸乱れぬ組体操技は凄い!さながら新体操集団演技のごとく華麗な動き!!
そして本体キャンチョメを瀕死のフォルゴレが守る姿も感動もの。実に愉快痛快の猛ダッシュです。

しかし、それまでの死闘の末、最後の切り札バオウをザグルゼムで強化した後に打ち込む作戦で勝利を得ようとした清麿に誤算が生じます。
最後の必殺技1発を出すには、敵が一直線上に並んでることが前提ですが、キースは彼らの背後に回っていたため、敵が分散してしまったのでした。
(キースがあそこにいるのは分身キャンチョメがそこに投げたって感じもしますが、、、)
これではバオウで、敵の必殺技を打ち破った上での2体一掃ができません。一方清麿たちはブザライとキースの間に挟まれるように一カ所に集まってしまったため、ブザライの放つ必殺技のライン上にいます。ついに放たれた敵のディオガに絶体絶命@@;。
背後で勝ち誇ったようあざけるキース。
しかしここに来て尚キャンチョメ軍団は、ブザライの必殺技を一時的に食い止めます。
このわずかな時間に意味があると言って。
え?どんな意味が?
実は、キャンチョメ軍団もう1体キースの背後に隠れていた奴がいたのでした。その逃げた1体が、キースを掴みブザライの前に放り投げ、見事バオウの連鎖のラインが出来上がったのでした。
その一瞬のキャンチョメの機転を逃すはずもなく、清麿は逆転のバオウを発動し、ブザライを消し去ったのでした。
やったー!これで勝利!と思ったら、
ありゃりゃ@@、何故かキースが爆風の中に立っています。キースはバオウの威力でも消えない強靱な魔物のようです。
精魂尽き果て全く戦うことのできない清麿たちは、キースの反撃に対抗する術を持ちません。ついに万策尽きこれで終わりかと思ったら、
キースは何故か立ち去りました。「いも天」を食いたくなったとか。
こうして辛くも強敵を退けた清麿たち。
あの世の美女たちに呼ばれ三途の川を渡り始めたフォルゴレを呼び戻し、別れた仲間を探します。モモンは発見しましたが、エルはいない、、恵サンビームはいずこに。

実は恵サンビームも戦闘中。敵の名はチェリッシュ?!あのテッドが探し求めているチェリッシュなのですか?これじゃ、テッドと悲劇的再会になりそう。
敗戦色濃いチェリッシュを連れ去る影。ウォンレイ?
いよいよ心通じ合った盟友同士の悲しい争いに突入しそうな予感。
ガッシュに「世界か友情か」という選択を迫る予告も不穏です。
色々心配で、胸が痛みますな。
せっかく一難去ってまた一難、困難を切り抜けたと思えば更なる危機が目の前に@@という緊迫の中、誰も予想できないキャンチョメの機転で逆転に継ぐ逆転が、何とも痛快だったのですが、しかし、この勝利気分でハイテンションなままでは終わらせてくれないようです。引きが重い・・・。
++++++++++++++++++++++++++

○「最高だぜ!キャンチョメ」
清麿の言葉にぞくぞくするような昂揚を感じました。
ホント、キャンチョメの分身技とガッシュのコンビネーションは最高!!
非力なキャンチョメが、いつも守ってくれる友を今度は自分が救いたいという強い気持ちが、大きな「力」となったのでした。
また、その技がキャンチョメらしい分身で敵を攪乱し、非力なりに力を合わせて敵を翻弄するという、絵的にも本当に愉快でした。(不意打ちでもないのに筋力あるキースを1体だけで掴んで投げるのは無理がありそうでしたが、そこはご愛敬。笑)
原作者のアイディアも素晴らしいですが、アニメにしたことで、面白さ倍増したバトルシーンだと思いました。

○フォルゴレの友情
キャンチョメの仲間を守りたいという気持ちもさることながら、フォルゴレの友情も熱いです。フォルゴレ様、かっこいい~見かけ倒しの優男なんだけど、でも彼とは崇高な友情に結ばれてるんだよね。
だって、ボインの美人と友では友を選んだフォルゴレ様!
フォルゴレにとって、美女より清麿は大切な人なのね、ああ、いつの間にそんな深い関係に?!(←違!!)

○芋天撤退
キースの足がホントに笑ってる描写に、笑いました。
キースは何故彼らを見逃したのか?
もはや彼にも余力がなかったとも取れますが、無理すれば一人くらい倒せそうではありました。それでもそうしなかったのは、完全勝利するつもりだった自分の、互角(ドロー)という結果に「敗北」を認めたからでしょう。
葉巻が消えるまでに倒すと決めた敵を、葉巻が消えても倒せなかった敵の健闘に敬意を表し立ち去ったようにも見えます。
キースにとってこれほど自分と互角に戦った敵は初めてなのでしょうか?否、これは2度目の経験でしょう。
キース登場時にバリーのライバルと語った意味がここで生きています。
彼は一見冷酷で邪悪ですが、あのバリーとライバルになりうる潔さは持ち合わせてるようで、憎めないものを感じました。
またキースを通し、彼のライバルであるバリーの脅威的強さを想像させられるのでした。
非常に巧妙に練り込まれた構成だと思います。

今週のガッシュベル、逆転連続バトルと戦術かけひきの面白さにハナマル!!そしてキャンチョメに大きなハナマル!!です。(フォルゴレの煩悩を超えた愛にも←バカ) 急に私も芋天食べたい気がしてきました・・・今夜作ろうかしら?
ちなみに昨日の夜は「ブリ大根」でした。
ガッシュのおかげで子供たちみんな、ブリを良く食べます(笑)。
スポンサーサイト

コメント

アート・美術品・骨董品・民芸品

アート・美術品・骨董品・民芸品を探すなら http://www.bigwatersrealty.com/101164/101222/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/77-b078adc2

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。