プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のガッシュベル!131話「胃の中の試練~ティンティンチャンス」感想

フォウードの口から、体内に侵入した清麿ガッシュ達。
早速のど元で、第一の関門が待ち受けています。
それは「ウンコティンティン」というお下劣すれすれの名前を持つ者の、なぞなぞに全員が正解しないと先へは進めないというものでした。
どこかベルギムEOに似てるティンティンですが、割と紳士的。
ティンティンの質問のほとんどは清麿には難しいものではなかったのですが、
最後の、「メルメルメー」しか言えないウマゴンに、「フェルマーの最終定理」を出題したのでした。
こんな数学界の難問を「メルメルメー」しか言えないウマゴンに答えられるわけがない。どうする清麿?!
そこで彼は究極の解決策、「逆ギレ」したのでした(笑)逆ギレでピンチを切り抜けるとは@@;教育上どうかとも思うのですが(笑)、もともとアンフェアなルールに対する抗議なのでありかと。
清麿ったら、ベートーベンの時もキレてたし、天才領域の美学を汚すものを許せないのかも(笑)
その清麿にビビるくらいだから、ティンティンは魔女裁判みたいなことをするほど悪意のある奴ではなさそうです。
彼はやはり魔物なのでしょうか?
ファウードを作った者に仕えている者のようです。

アリシエがためらいなく、ファウードを作った者より使わされたと申し出ましたが、ザルチムとリオウの話ぶりからして、ファウードとアリシエ・リーヤには何か因縁がありそうな気がします。
また清麿がそのアリシエの反応に何かを感じていること、ティンティンの出題内容に魔界についての問題がないことに何らかのヒントを得たようです。

ティンティンの名前と性格、清麿達とのなぞなぞ対決、フォルゴレのリアクションに、2号3号ともども爆笑しましたが、ところどころに事態の真相に迫る謎解きが仕組まれているのが面白いですね。

やけに、オープニング前までが長かったですが、サブタイトルの入れ方やCMの位置、次週予告後のキャラ顔取り替えっこコーナー等、新しい番組スタイルに挑戦してる感じが、好感持てます。
ティンティンと恵交換に2号はにやりと、3号は爆笑でした。我が家ではあの
取り替えっこは好評です。

お!今気づいた!ザルチムの声優さんが、堀川さんだよ~!<ひとでんさん。 おかげさまで、算数好きの2号は、フェルマーの最終定理を解くのが数学の勉強をする最終目標になったようです(笑)。ヒカ碁読んでプロ棋士に憧れ、ガッシュ読んで数学者に憧れる2号です。スラムダンク読んでる時は、バスケットボールやりたがるし、SW見ればジェダイになりたがるし、子供って単純でいいなあ、、、

ところで、恵やエル・女性陣にはどんな質問したんでしょうか?気になる~
「ウンコティンティンと恵が言うはずだったのになあ・・・」by2号
そうなのかー@@;それは見たかったような。。。。
3号は発音が不明瞭なので、「ティ」を「チ」としか言えません(汗笑)

どうして俺はこんな名前をつけられたんだー!!(絶叫)byウンコティンティン
スポンサーサイト

コメント

ラグビー

ラグビーを探すなら http://www.mladickrealty.com/101070/302472/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/85-0d7af697

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。