プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色のガッシュベル!116話「最大呪文炸裂!ガルバドス・アボロディオ」感想

ついにカイルが戦う決意をしました。あの弱くて臆病なカイルが。。。。
しかし、技を出して勝利したとたん、恐怖が戻ってきて気を失ってしまいました。
でもこの一歩はカイルに生きる強さを与えます。不当な扱いをされ続けた使用人ジルに、自分の正当な権利を主張するのでした。
その勇気も、ジルが自分のために消えたレインの悪口を言ったことが許せなかったから。
レインとの出会いと別れがカイルを変えたのでした。
レインはそんなカイルの姿を見てこっそりこのまま魔界に帰ることを決意します。
王様になる戦いは俺には向かないというレインの魔本を清麿とガッシュは焼きます。。

これほど深くパートナーを愛するレインの希望を叶え、清麿は優しさに満ちた「ザケル」を唱えます。満足して魔界に帰還するレインの大きな愛は、ガッシュをこの戦いに勝ち残り王になる者の志を問うのものなのかもしれません。

しかし、コルルに別人格与えてまで戦わせた魔界の王様は非道だと思いましたし、清麿の判断も早計に思えましたが、、、。あの意味を色々考えてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://furuyamori.blog19.fc2.com/tb.php/9-fd92478f

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。