プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー響鬼16之巻「轟く鬼」感想

○新人鬼の衝撃デビュー!
独り立ちの不安とプレッシャーをはねのけ、見事独自のロックスタイルで鬼デビューを果たした戸田山さん。すげえ、かっこいいい!!!!!
そして弟子の成長ぶりに満足し、巣立ちの瞬間を感じたザンキさん。感慨深げに弟子を見つめます。その視線の先には・・・・・・・えええええええ?!!!!!全裸の戸田山さん???!@@;それをクールに見てたの?ザンキさんったら!もう、おおうけ(爆)。 
でも変身解除すると、裸ってことは、変身前に着てた洋服はどうしちゃったんでしょう?燃えてなくなっちゃうんですか?あれ?じゃあ同じ服を何着も持って行ってるんでしょうか?

○ブレイクハート
もう、気が利かないんだから、ヒビキさんと明日夢とママの3人になったら話にくいでしょう、ここは気を利かせて二人きりにしてあげないさいよ、明日夢!新しいパパができるかどうかの瀬戸際なんだから!(違!)
わお、ヒビキさんと明日夢の初デート!外で散歩しながらの告白タイムですか?あああドキドキ。ヒビキさん、なんか変に誤解されるような恥ずかしいことは、言いたくなさそうって感じですなあ(汗笑)
で、結果は・・・ありゃ「ゴメンナサイ」かよ。がっくりーー;。期待した私はバカだった(涙)
ヒビキさんは明日夢を猛士としての弟子にするつもりはないようです。明日夢も鬼になる気はないだろうと。
猛士の中ではなく、人生の師として今後もつき合おうって話で終わったようです。これってまさに、いつまでも良い友達でいましょう、って話ですかね(笑)
明日夢はもっと自身を鍛えることと、猛士であるあきらをサポートすることを決意します。
明日夢はまたもヒビキとの交流で勇気を得て自分の日常へ回帰し、ヒビキさんはヒビキさんのいるべき場所へとそれぞれ向かうのでした。

○相思相愛
一方、イブキさんとあきらちゃんは、現在進行形の師弟関係。
あきらが高校を休みがちなのを心配するイブキさん。見つめ合う若い二人。男子を指導するより、女子を指導する方が面白いと、よくスポーツの指導者は言いますが、イブキさんとあきらちゃんの場合は支配被支配と言った厳しい上下関係ではなく、互いに尊重し合ってる感じがいいですね。

○それぞれの生き様
ザンキと戸田山、ヒビキと明日夢、イブキとあきら、3者3様の関係性は違ってますが、みんなそれぞれ素敵です。そして、先輩ザンキさんと後輩ヒビキさんも良いです。言葉はとても少ないけれど、しっかり心が通い合って分かり合える関係に成熟度を感じます。
戸田山さんの無事デビューに安堵するたちばなの面々の中、感動をかみしめるヒビキさんの表情がとってもすがすがしかったです。ヒビキさんの横顔に、猛士に関わる人々それぞれの生き様を生き生きと感じる瞬間でした(^^)。
で、そこで終わりかなって思ったら、引きが長いぞ<石田監督。
しまらない戸田山さんで〆は粋でした(笑)

今週の響鬼、30分濃密なドラマで、それぞれの人物に感情移入できて良かったです。にしきのあきら風渋さのザンキさんとドジで熱血男の轟鬼さんの硬派な男同士の世界を、哀愁たっぷりに感じさせてくれたと思います。
今週のマジレンも熱くて良かったけど、響鬼は放映された中でもすごく充実した回と感じ、味わいがあり余韻が残るので、今週のハナマル!!(^^)
2号も今週の話は、すごく面白かったと言ってます。

仮面ライダー響鬼15之巻「鈍る雷」感想

○師弟愛
悲壮感漂うザンキさん、体力の限界を感じて密かに引退を決意していたようです。これがSWのジェダイならフォースで800才まで戦えるんですが(ヨーダ参照)、直接肉体を使う戦いなので、いつかは戦線を離れる日が来るんですね。
でもそれは弟子の戸田山さんには、受け入れがたい現実のようです。独り立ちの不安もあるでしょうが、敬愛する先輩とずっと一緒に仕事したいと願う師への思慕が切なかったです。
ああ、これって、男の世界だよなあ。
長島の引退やアリスの「チャンピオン」にうるうる来る世代には、なんだかとってもたまらない気持ち;;
一方、今最も体力的に頂点を迎えているイブキと弟子のアキラ。坂道を下る日のことを思いもしないその若々しさが対照的です。
中間にいるヒビキは、この二組の師弟を感慨深く見つめ、そして何かを決意してるようにも見えます。バイクに興味を示すあたりも、今までの自分にとどまることなく常に挑戦を続けるつもりなのでしょう。
偶然ながら明日夢を見舞うことになったヒビキさんですが、心の中では明日夢を育てたいという師弟愛が芽生えているのではないでしょうか。
スポーツ選手の多くは、かつて自分がそうされたように後継者を鍛えて育てたいという教育愛が芽生えるものですが、大人が自分の獲得した生きる術や価値観(良いと思う生き方)を次世代に伝えたいと思うのもそれと同じかもしれません。
ヒビキはザンキを通し、いつしか訪れるであろう引退の日を思い、そしてアキラを通し、少年にとって何が幸せか考えているのでしょう。いつもは余裕のヒビキさんですが、その笑顔の奧に陰影を感じて、感情移入してしまいました。

○フォースウイズユー(byオビワン)
ところで、ザンキさんが体力の限界で引退するとなると、、、鬼になるために、もともと本人が持っていた運動能力と修行という努力との関係が気になります。
オリンピック選手並の天賦の運動神経の持ち主が鬼になるのと、明日夢みたいに鈍そうな奴が鬼になるのでは、精神力が同じなら前者の方が早く鬼になれるのでしょうか?
まして女の子で気丈だが鈍そうなアキラは、屈強な男性より努力が必要なのでしょうか?
おそらく鬼になるには、ジェダイがフォースと一体になるのと似て、自然の力を借りる境地まで精神と肉体を修練するってことだと思うんですが、、、
「清め」の力とは何なのか、とっても気になります。

○ギター侍
あ~あ、ザンキさんったら、エレキギター(電子音だったからどっかにアンプあるんだよね?)そんな風に使っちゃだめですよ~子供がまねするじゃないか(笑)
てっきりギターの音でじゃんじゃん妖怪苦しめるのかと思ったら、ギターを剣にして刺すとは@@;意外だったので、我が家はみんな唖然。
渋いザンキさん、先週から思ってるんですが、中条きよしさんに似てますよね。必殺仕事人では三味線のお師匠さんで、有閑マダムの身も心も虜にしちゃう色男でしたが、、、、ザンキさんはギターですかい?マダムはしびれます(バカ)。
ヒビキさんはいつも余裕かましてますが、その点このザンキさんの悲壮なぼろぼろバトルぶりが妙に迫ってくるものがあります。石田監督らしい回で、テンポのいいギャグと男の哀愁が織りなす妙味が良いですvライト感覚の響鬼とはいえ、こういう深刻さがたまにあると人物に感情移入しやすいです。でもこれが桐生さんみたいなオチだったら、私的には合わないかも。

○明日夢とヒビキさん
うわあ、いきなり急接近、ドキドキvvお部屋におじゃましちゃうの?ヒビキさん。わわっパジャマ姿だ、明日夢君。どーしよう?(って、どうしてアタシが焦るのさ!)
いよいよ告白タイムか?次週までこのときめきをどうしましょう(悶々)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

PREV PAGE «  BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。