プロフィール

ふざけおに

  • Author:ふざけおに
  • ようこそ!ふざけおにの庭へ。居間からどんどん増殖してます(^^;
    主に児童向けテレビ、映画、書籍の感想を書いてます。
    ’058月以前の感想はふざけおにの居間に、更に過去ログはふるやもりに、現在の感想日記はログハウスにあります。下のリンクから飛べますので、こちらもよろしく!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・3話、4話、5話感想

2,3話とも30分がえ?これで終わり?と思うほど短く感じられました。話の内容は薄いけれど、一瞬も目を離せないほど、ぐいぐいと集中して見入ってしまう、惹き付けられる映像の力があります。(最後までこの綺麗な映像が続くのなら、星矢12宮編並にすごいかも。)

4話はやっと話に動きがあったな~と思ったら、5話で、セキレイシロエと接触するとは@@シロエの親父ってああいう人だったのか・・・

なるほど、ピーターパンですか。確かにミュウと通じるものがありますね。
原作以上にミュウにも一般人にも登場人物に老若男女の層の厚みがあり、一見人間の科学者達に悪意がありそうに見えるのが、うまいミスリード。なのかどうか、興味持って見てます。
また気のせいかもしれないですが、ファーストガンダムの同時代頃の作品だけあって、今回のTVアニメには、原作にはなかったガンダム、イデオンあたりの人間描写や台詞回し、戦闘シーンあたりがうまく取り入れられているように感じました。責任管轄範囲内を異分子が脱してくれると安堵するという役人気質も富野作品っぽいなと内心にやり。
ミュウの描写もそうですが、ジョミーも竹宮キャラ的多感で繊細な少女漫画チックな金髪少年だけでない、リアルな人としての心身のたくましさを感じ、それは好感が持てるアレンジです。

セキレイシロエとこういうエピソードは、まああっても良いかなって感じで見てました。

ブルーの「全てが終わってみなければ、良かったか悪かったかわからない」というオチがなかなか意味深で良かったです(ニヤリ)。

30分話としての内容の薄さを補う、戦闘シーンのカッコ良さもあるし、今のところ、非常に期待以上に面白さと、胸に迫る切なさを感じ、私と1号にとっては今一番楽しみな作品になってます。

来週は、いよいよ宿敵キース・アニアンの登場ですか。
あれ?でもキースはジョミーよりだいぶ若かったような・・・(記憶違いかな)

YESプリキュア5 12~14話感想

はい、毎週朝食食べながらしっかり見てます。
毎回、それぞれのキャラの個性が光っていて面白いです。
でもナッツが全然お兄さんになってくれない;しくしく。
3号が、「ママ、来週もナッツはりすだからね~あきらめてね。」だって。;;
食堂のおばちゃんはひょっとして理事長なんですか@@;。

ゲゲゲの鬼太郎4話、5話、6話感想

4話の一反もめん、6話の妖怪横町砂かけばばあ。
鬼太郎の心強い仲間達の話は実に愉快でした。
一反もめんは九州男児だったのですね。ひょうひょうとした感じが良いですばい。こだわりはあるが、嫌いな乾燥機入ってぐるぐるになっても心通わせた少女を救う一反もめんの男気にほれぼれ~vvv
定番の八奈見乗児さんの変わらぬお声を聞けるのが、なんともうれしいです。
実は判宙太声が好きだったりしますけど(笑)

6話は、妖怪横町がユニークで、映画妖怪大戦争を思い出しました。(妖怪大戦争というと、DVDは声が出演者さんの滑舌が悪くて、声が聞き取りにくく、仮面ライダーブレイドみたいに字幕がないと初見の人にはつらいものがありそうでしたーー;ちょっと映画館で見た時より出だしが気持ち悪さを強く感じましたね。)
子供らが以前砂かけばばあが一番正義感あってしっかり者だと話してましたが、欲深い婆さんという一面もあるようで。そりゃそうだ。あの住人は、めぞん一刻の一刻館の住人並にタチが悪い(笑)。
それに私も婆の道に入りかけたいるので、若返りの砂を作る砂かけばばあの気持ちや、金にうるさい主婦感覚がよくわかる。
人間社会をあえて舞台にせず、妖怪が妖怪を襲う話も、妖怪の生活感が伝わってきて良いですね。
小豆洗いが出てましたけど、小豆がなくなったのは何でか見逃してしまいました。鬼太郎が使ったのかな?
あと、鬼太郎の仲間で話になりそうなのは猫娘くらいですが、果たして子泣きじじいがまともな役の話はあるのか?!

5話は、名声に取り憑かれた人気バイオリニストの話でした。どこかで見たような気がしたと思ったら、あの妖怪、かなり及川に取り憑いた、ベリアルヴァンデモンっぽい。懐かしいです。

続きを読む »

YESプリキュア5 11話感想

勉強する気のないのぞみに、頭を抱える他4人。できる人間にはできない人間の気持ちがわからない~!ナッツハウスでの勉強会から一人飛び出してしまうのぞみ。
その道のプロ、タヌキチ先生じゃないよ、ココが、のぞみの興味のある気球に乗せ、さりげなくその気にさせるのでした。
いやー、うちにも来て欲しい。一家に一匹ココ先生。是非うちの子の家庭教師をお願いしたいもんです。

設定によると、のぞみは運動もできないの??へえ。。。りんは正当派のキュアブラックタイプで、一見主役っぽいキューティハニーみたいだけど、のぞみは優しいのが取り柄の普通の(もとい普通以下の)子なんですね。
かれんとのぞみがそれぞれ違う方向に勝ち気で自分の意見がはっきりしてるので、それが話を動かしてるし、調整役ののぞみに加えてお子様で流されやすいうらら、一人世俗を離れたふんわりこまちが良い感じ。
5人の個性がそれぞれあって面白いです。

ふふふ、今週はナッツはリスにならなかった。やったぜV
でもちびっこはあのかわいいしっぽが見られず、がっかりしてるでしょうね。
彼らもそろそろこの世界に馴れてきて、気合いで人間の姿でいる時間が長くなってるのかもbyテイルモン

そういや、声優さん、デジモンで聞いたことある人結構いますよね。

今週、私だけ寝坊して電王は見損ないましただ;

続きを読む »

地球へ・・・第2話「ミュウの船」感想

ジョミーは大事な成人検査をミュウのせいで邪魔されたと感じ、憤ります。また、完全な健康体であるジョミーをミュウの仲間として受け入れることに抵抗を感じる多くのミュウの本音を、テレパシーで聞こえてしまったのも彼の不快や不信を強めます。
自分はこういう化け物や障害者の仲間ではない。健常な人間だと。
それなのに何故、ブルーは自分をこの船に呼んだのか、彼は激しい怒りを爆発させ、その怒りに導かれて、病床のブルーの元に直接テレポートしてしまいます。
だから・・・彼は、SD体制が求める感情が平坦で、かつ機械の理解を超えた特殊能力を持たない「普通の人間」ではないのです。
けれど、もう一度あの世界に戻れば、自分は普通の人間としてやっていけるはずだと、異端であることを認めたくない、かつての多くの仲間達同様に世界が求める人材のはずだといいう望みを、ジョミーは捨て切れません。
そんなジョミーの激しい思いを理解するブルーは、失意の色を見せつつ、彼が元の世界に戻ることを止めようとはしません。
彼の常識を覆すのに説得は無意味だと知るからです。
それがどんなにジョミーにとって生命の危険であっても、ブルーは彼の選択を尊重し、力の及ぶ限り彼を守る気だったのでしょう。

ジョミーの拒否反応は、ブルーの想定内のことだったのしょうか?
ブルーは予知能力によってか、あるいは実体験としてご多分に漏れず、どうせジョミーは元の世界では生きていけない存在だから、やがて戻ってくるに決まっていると何もかも予想していたのでしょうか。

いや、そうではないでしょう。ブルーはジョミー自身が自分の生きる道を選ぶべきだと考えたと思われます。
仮にもし彼がSD体制に適応しあの世界で生きたとしても、それがジョミーの選択なら仕方がないというのが、ブルーの意思だと思えました。
喩えそれでブルーの生涯をかけた夢を失うことになったとしても、それがいかに残されたわずかな生命の自分を絶望に陥れようと、人は自分の人生を何ものにも操作されることなく、自分自身の意思決定で生きるものだと、ブルーは知るから、彼は何も語らず、若いジョミーの無謀を黙って見送るのでした。

ジョミーはブルーの赤い瞳に映し出された悲しみが何を意味するのか、まだわかっていません。ジョミーの心はブルーの悲しみに揺れています。
けれど、信じた世界が実は虚構だったと、そう簡単に誰も思えるはずはないのです。ジョミーの反応は極めて普通です。
でももう、曖昧なままではいられない。選択の時が迫っています。
かつての世界に適応するかしないか、それはジョミー自身が見極め、どういう生き方をするか自らが選ぶ時なのです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++

実は今週第2話、録画失敗してしまい、前半少し見逃してしまいました。
無料でネット配信してるというので、安心してたのですが、何でかバンダイHPの2話をクリックしてもつながりません(泣)メディアプレーヤーも更新したのですが、、、、。
フレッツSEEDは簡単に見られたのに、何ででしょう;;
まあ、だいたい話の流れはわかりますが、動画としてどうなのか見てみたいので、そのうち調べて、見たいと思います。

今週、見逃した部分があるとはいえ、あまり話は進まなかったですね。でもまあ、漫画だとこんなペースだった気もするので、話が薄い感じの位の方が、初見の人にもより背景や人物の心情の動きを追いやすいのかもしれません。
この後あたりから、私も原作だいぶおぼろげてるので、次週どういう展開になるか楽しみです。

OPでフィシスの金髪が広がる感じに既視感ありましたが、思い出した。
ターンAガンダムのOPでディアナかキエルの髪がまんまあんな感じになってましたよね。
OP悪くないけど、キースの涙やキャラ全員整列とかも含め、よくありがちなパターン化されたショットが多く、欲を言えばもうちょっとオリジナリティが欲しいです。
OP後半は、変わりますよね?トォニィの出番がなかったら泣きますよお;;。

そうそう、




続きを読む »

ゲゲゲの鬼太郎3話感想

人気バイオリニストの少女を独り占めしたいと醜い争いをするファンの魂を食う夜叉。
その夜叉の正体は、彼女につきまとうファンではなく、実は彼女自身だった!
彼女の功名心や劣等感が、彼女を夜叉に変えた。

けれど、少女の心の美しさを信じる鬼太郎は、決して彼女と一体となったままの夜叉を攻撃しない。少女の肉体を傷つけるからだ。そんな鬼太郎の信頼に、本来の心を取り戻した時、彼女に取り憑いた夜叉は彼女と一体になることができず、少女の肉体から追い出されてしまった。
そこを鬼太郎は逆襲したのだった。
夜叉は人の嫉妬や劣等感、憎しみから生まれるという。

それなら、この世は夜叉だらけという、鬼太郎のオチが良いですね。
毎週、人間に心の闇、煩悩の悲哀を考えさせられます。
シェリー声の折笠さんがあの少女のイメージぴったりで良かったです。
あと先週もそうでしたが、狂言回しの鼠男が暗くなりがちなムードをうまくギャグに切り替えてるので、重くなりすぎないのが良いです。
猫娘かわいいし~vvv

緑の髪は怪しいという村の言い伝えもまんざらではないぞ<トリトン(このネタ知ってます?)
少女の心の隙に入り込んでくる悪魔のささやきはまさしくベリアルヴァンでモン。
私、ふざけおにとしては、息子が追い出したいおにがふざけおにだったのに、何でか、自分がふざけおにと名乗るようになったので、多分、ふざけたがる夜叉に取り憑かれてるのでしょう。
でもいつかはまじめに改心して、及川様のように美しい蝶になりたいです。(うん、やっぱりふざけてる)

続きを読む »

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。